2011年06月17日

白の貴公子

白いフォルムがとっても素敵な、ヒメシロコブゾウムシの登場です。。
himesirokobu.jpg

ゾウムシの鼻(口吻)は産卵するのに適応した器官なのですが、このお方の鼻はちと短くありませんか?
どうやらこのお方、ゾウムシ特有の産卵習性を失って口吻が短く退化したらしい・・・
木の中ではなく、土壌中に小さな卵を多量に産み落とすそうです。。


しかし、死んだふりは得意のようです。。
himesiro-shindafuri.jpg
どれだけこのままでいるのか観察してみたのですが、10秒もしないうちにあっさり動き出してしまいましたw


それにしても、ゾウムシの写真集なるものがあるそうですが・・・
zoumushi.jpg

確かにあの「白い貴公子」を眺めているとゾウムシの虜となる人の気持ちがわかるような気がします。。
 



posted by burin at 22:56| Comment(0) | 屋外のチャッピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。