2011年05月15日

伝説のドクグモ

ウヅキコモリグモが小さなムシを捕食中です。。
uzuki001.jpg
いや、毒を注入しているところでしょうか・・・?(^_^;
uzuki002.jpg

もともとこのクモの仲間は、ドクグモ科と呼ばれていましたが、実際にはそれほど強い毒を持っている訳ではないそうです。
なので、現在はコモリグモ科と呼ばれるようになりました。
♀が子供を腹部で保護しながら育てる様子からね(^^)


ところで、ドクグモといえば、あのタランチュラを思い浮かべるかと思います。

確かにあの牙からは猛毒を連想させられますが、さほど強い毒はもっていないようです。。
咬まれれば、そりゃ〜痛いでしょうがおとなしいクモのようですよ。
猛毒をもつクモとは冒険家たちが作り出した伝説のようです。
 


posted by burin at 12:29| Comment(0) | 屋外のウジンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。