2010年10月28日

女郎たちの秋季キャンプ

毎年この場所は、ジョロウグモたちが所狭しと各々の巣を張りめぐらす。
campzyou.jpg
まるで、シーズン真っ只中のキャンプ場のようです。
写真で表現できないのが残念ですが、茂みの中はクモの巣だらけ。。
1本の街灯と後方にある幹線道路の灯りに集まってくる小さな昆虫がぎょうさん網に掛かるからでしょうか?
zyoro.jpg

そして、一つ一つの巣をよく見ると、必ずといっていいほど小さなクモが寄生しています。
実は、この小さなクモはジョロウグモの♂なのです。
zyoro-kisei.jpg
前回紹介したナガコガネグモもそうですが、
一般的にこの手のクモは♂の体が非常に小さく、別の種類と見間違えてしまうほどです。。

また、♀が♂を捕食してしまう危険性があるため、交尾は♀の脱皮直後や食餌中に行われるようです。


posted by burin at 17:26| 屋外のウジンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。