2010年10月31日

トリビアな発見

がらくた部屋の片隅で飼育され始めたエンマコオロギ。
相変わらず「キリキリ」鳴きも少なくありませんが、特に♂同士で争うこともなく仲良く過ごしているようで一安心です。。

そんなコオロギたちを観察していると・・・
実に興味深い事実を発見しました(゚ο゚)!

まず一つ目は、コオロギは水を飲むということ!
飼育ケース内の乾燥を防ぐため、ケースの縁に時々霧吹きで水をかけてやるのですが・・・
コオロギたちはその時にできた水滴に口をつけてごくごくと飲みます。
一心不乱に飲み続ける様子はホントにビックリですw


さらに、交尾の仕方にまたまた驚き!
通常バッタなどの昆虫は、交尾の際には♂が♀の上に乗っかって行うのが普通ですよね!?
しかし、コオロギの場合は逆に♀が♂の上に乗った状態で行なわれます。
正確には、♂が♀の下にもぐりこみ、精子の入った袋を♀のオシリにくっつけるようですがww
seikyu.jpg
これは偶然撮った写真で、ちょっとわかりにくいですが♀のオシリに精球がくっついているのがわかります。
seikyu-up.jpg

いや〜、それにしてもオモロー!
益々いろいろな昆虫を飼育してみたくなりました(^^ゞ


posted by burin at 23:32| 部屋の隅っこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

女郎たちの秋季キャンプ

毎年この場所は、ジョロウグモたちが所狭しと各々の巣を張りめぐらす。
campzyou.jpg
まるで、シーズン真っ只中のキャンプ場のようです。
写真で表現できないのが残念ですが、茂みの中はクモの巣だらけ。。
1本の街灯と後方にある幹線道路の灯りに集まってくる小さな昆虫がぎょうさん網に掛かるからでしょうか?
zyoro.jpg

そして、一つ一つの巣をよく見ると、必ずといっていいほど小さなクモが寄生しています。
実は、この小さなクモはジョロウグモの♂なのです。
zyoro-kisei.jpg
前回紹介したナガコガネグモもそうですが、
一般的にこの手のクモは♂の体が非常に小さく、別の種類と見間違えてしまうほどです。。

また、♀が♂を捕食してしまう危険性があるため、交尾は♀の脱皮直後や食餌中に行われるようです。
posted by burin at 17:26| 屋外のウジンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

愛があれば寒くなんか!

ムシたちの姿も随分と少なくなってきてしまいました。
もうすぐ冬がやってきてしまうのですね( ̄o ̄;)

バッタたちも何だか寒そうにしています。
onbubata.jpg
このオンブバッタは、お母さんが子供をオンブしているのではありません。
♂が♀にオンブされているのです。。

通常、バッタ類は交尾の際にこのような光景が見られるのですが、オンブバッタは交尾の時以外でも♂が♀の背中に乗り続けます。
onbubata2per.jpg
何でも♂が♀を独り占めするために背中に乗ったままでいるらしい。
寒さをしのいでいる訳ではありませんよ(笑)

また、単独行動を取っている♂同士が♀を奪い合い、喧嘩になることもあるそうです。
実際にその喧嘩は見たことありませんが、頭の先で突っつきあったりしちゃうのでしょうか?
posted by burin at 18:34| 屋外のチャッピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

ところ変われば・・・

10月も半ば、イモムシくんたちの姿もめっきり見かけなくなりました。。

そんな中、とある公園で「緑色のセスジスズメの幼虫がメッチャいる」との情報を息子からもらいました。
これは是非見に行かなくては・・・

早速ワンコを連れて、とある公園へ
辺りを見渡すと植え込みの一部にやたら葉っぱが虫食いな部分を発見!
近づいていくと、居ました居ました!緑色のイモムシ。。
oosukakimera1.jpg
しかし、セスジスズメではないことはすぐに判断できました。。
セスジスズメ特有のあの目玉模様が無いのでね・・・
息子よ!まだまだシュギョーが足りんのぅ!(笑)

では、何の幼虫でしょう?
模様の部分をマスクしてみると何処かでお目にかかったあのお方であることがすぐにわかります。

oosukakimera2.jpg
そうです!オオスカシバです。
だけど、どうしてこんな模様が着くんでしょうね?
posted by burin at 23:55| 屋外のウジンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

閻魔大王の仲間入り

ツヅレサセコオロギに続いて、エンマコオロギも飼育開始(^^)v

今回は息子の協力もあって、いとも簡単に捕獲できましたw

エンマコオロギは、顔が閻魔様に似ているところからその名前がついたらしい。
enma-up2.jpg
確かにちょっとイカついフェイスをしてますが・・・
よく見るとスズメバチにも似ている(^_^;)
enma-up1.jpg

鳴き声は、「コロコロコロリー」とすんだ声で鳴きますが、飼育ケースの中では「キリキリキリ」と鳴いていることが多い気がします。。
この「キリキリキリ」と鳴く声は、縄張りや♀を奪いあって争っている時のもの。
もちろん鳴いているのは、♂だけ・・・
enma.jpg

♂は1匹だけにした方がいいのでしょうか?
しばらく様子を見てみることにします。。
posted by burin at 18:35| 部屋の隅っこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。