2010年08月03日

その勇気に敬意を表します

アブラゼミの幼虫が羽化のため木をよじ登っています(^^)v
abura.jpg
そして、蛹という状態を経ずに変態を遂げ成虫となる。

地上に出てきた成虫の寿命は1〜2週間とも、1ヶ月とも、諸説様々です。
aburazemi.jpg

しかし、地中で過ごす幼虫時代は、3〜17年と昆虫にしては長寿命。

本来は地中の生物だったのではないか?
繁殖するためだけに危険な地上に出てきて・・
変態により翅を所有し、移動することにより♂と♀が出遭うチャンスを増やしているw
そんな風に思えるのですが・・・・(^^ゞ


ちなみに、こちらはニイニイゼミの幼虫の抜け殻
nini.jpg
アブラゼミと比べると小さくて、泥だらけなのが特徴です。

tukutuku.jpg
ツクツクボウシは細長くて、艶がなくやや薄い茶色


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
気に入っていただけたらポチっとお願いいたします


posted by burin at 22:29| Comment(2) | 屋外のチャッピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。